男子社会人のひとりよがり

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

【コロナウイルス】10万円の給付金(特別定額給付金)の申請方法を具体的に解説します!

スポンサーリンク

こんにちは!わたMANです。

 

2020年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が闘技決定され、特別定額給付金事業が実施されるようになりました。

 

www.soumu.go.jp

 

特別定額給付金とは、簡単に言うと「日本に住んでる人みんなに一律で10万あげるよ」という政策です。

 

一律給付は以前から話題に挙がっていましたが、日本でもついに実施されることになりました。

しかし、具体的に「どうやって10万円もらうのか?」「本当にだれでも貰うことができるのか?」と疑問に思っている方が多いと思います。

 

そこで今回は、10万円の給付金(特別定額給付金)の申請方法を具体的に解説していきたいと思います。

 

 

 

10万円(特別定額給付金)もらえる対象者は?

f:id:herawata:20200501183218p:plain


ざっくり言ってしまうと、日本に住んでいる人であればほぼ全員貰えます。

 

具体的には2020年4月27日時点で、住民基本台帳に記録されている人が対象になります。

役所に住民票を出している人です。

今住んでいる市区町村から給付金がもらえます。

 

給付対象者1人につき10万円です。

大人・子供関係ありません。

つまり、4人家族であれば40万円支給されるということです。

これは絶対に貰っておくべきだと思います。

 

ちなみにこの給付金は非課税となるため、税金を支払う必要がありません。

収入による条件はありませんが、申請をしないともらえないのでそこを注意しておきましょう。

 

申請は誰がどうやってするの?

申請するのは基本的に世帯主の人となります。

世帯主は住民票に記載されています。

一人暮らしであれば大体本人ですが、4人家族など複数人で暮らしている場合は、その世帯によって異なります。

 

分からない人は住民票を確認するか、家族に聞いてみてください。

 

申請の流れ

4人家族の場合の申請を考えてみましょう。

  1. 家庭に申請書が送付される
  2. 申請書を記入し、確認書類と共に送付する
  3. 役所の確認後、銀行口座等に振り込みされる

 

申請の流れとしては上記の通りですが、申請の方法としては郵送かオンラインの2パターンあります。

 

郵送申請方式

申請書に振り込み先口座を記入し、振り込み先口座の確認書類と本人確認書類のコピーを郵送で提出。

 

オンライン申請はマイナンバーカードが必須のため、持っていない人は強制的に郵送での申請となります。

 

「これを機にマイナンバーカードつくろう!」

という方に注意です。

マイナンバーカードをつくろうとすると、申請して約2カ月ほどかかるのでそこから給付金の申請をすることとなります。

 

いち早く給付金が欲しい方は、郵送を選択するのがいいかもしれません。

また、申請の期限が設けられており、郵送申請方式の給付申請受付開始日から3カ月以内となります。 

 

3カ月は意外とあっという間に過ぎてしまうため、申請書が届いたら迅速に行いましょう。

 

必要なもの

・本人確認書類
マイナンバーカード、運転免許証等の写し


・振込先口座確認書類
金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し(水道料引落等に使用している受給権者名義の口座である場合には不要)

 

 

オンライン申請方式

マイナーポータル上の特別定額給付金の申請画面で振り込み先口座等を入力し、振り込み先口座の確認書類をアップロードして提出。

 

オンラインの方が楽じゃん!と思う方が多いと思いますが、準備するものが特殊で意外と面倒かもしれません。

 

必要なもの

・振込先口座確認書類

・マイナンバーカード(通知カードはNG)

・パソコン、ICカードリーダーライタもしくはスマートフォン

 

マイナンバーカードを読み取れるICカードリーダーライタというものが必要になります。

Amazonなどで3000円で売っていますが、もっている人はほどんどいないのではないかと思います。

www.e-tax.nta.go.jp

 

もしくは、対応するスマートフォンです。

マインバーカードかつ、対応するスマートフォンがあればオンライン申請することができます。

下記のサイトから確認してみてください。

faq.myna.go.jp

 

詳しくは下記

www.watch.impress.co.jp

 

申請の開始はいつから?

支給申請の受付開始は、住んでいる地域によって異なります。

詳細については、今住んでいる市区町村の対応状況を確認する必要があります。

 

下記から検索できるので、活用してみてください。

kyufukin.soumu.go.jp

 

 

10万円の給付金(特別定額給付金)に関するよくある質問

総務省が特別定額給付金に関するよくある質問についてまとめてくれています。

 

その中から一部抜粋します。

Q. 申請はいつまで受け付けてくれるのですか。


A. 各市区町村における郵送申請方式の受付開始日から3か月以内が受付期限となります。

総務省|特別定額給付金|よくある質問

 

Q. DV被害で、住んでいる市区町村と住民票の市区町村が異なります。どうすればいいですか?


A. DVを理由に避難していることを、今お住まいの市区町村に申し出ていただき、確認を受けた場合には、給付を受けることができます。詳しくは、今お住まいの市区町村にお問い合わせください。

総務省|特別定額給付金|よくある質問

 

Q. 外国人も受けとれますか?

 

A. 4月27日現在の住民基本台帳に記録されている方なら外国人の方にも給付されます。なお、外国人の方のうち、短期滞在者と不法滞在者は住民基本台帳に記録されていないため、給付されません。

総務省|特別定額給付金|よくある質問

 

Q. 30万円を給付する給付金(生活支援臨時給付金)に加えて、10万円が給付されるのか。


A. 「「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の変更について(令和2年4月20日閣議決定)」により、生活に困っている世帯に対して30万円を給付する生活支援臨時給付金に替わり、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うために1人当たり10万円を支給する特別定額給付金事業を実施することになりました。

総務省|特別定額給付金|よくある質問

 

まとめ

f:id:herawata:20200501183600p:plain


今回は、10万円の給付金(特別定額給付金)の申請方法について具体的に解説していきました。

 

必要な人が迅速にお金を受け取ることができるように、申請方法はしっかりと頭に入れておきましょう。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。