男子社会人のひとりよがり

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

学習格差の本質は親の格差であることに気づいてしまったので説明します

スポンサーリンク

f:id:herawata:20200317220703p:plain


こんにちは!わたMANです。

 

先日Twitterを眺めていたら、トレンドワードに「#学習格差」というワードが入っていました。

おおもとになっている記事を読んでみたのですが、最近ホットワードになっているコロナウイルスと教育問題を無理やり絡めたような記事だったので思わず反応してしまいました。

 

記事はこちらです。

headlines.yahoo.co.jp

 

この記事をふまえて私は以下のようなツイートをしました。

 

 

今回は、このツイートの真理について深く掘り下げていこうと思います。

 

学習格差ってコロナウイルスのせい?

f:id:herawata:20200317220720p:plain


コロナウイルスの影響で全国の学校が臨時休校になり、子供たちはしばらく自宅で安静にするようにと国から言われました。

 

今回、学習格差の問題が取り上げられる発端となった人物は、小学4年と6年の子をシングルで育てる神戸市内のパート女性(35)でした。

 

「パートで働いているので、塾に行かせるお金がない」

「子どもだけで過ごす時間がさらに長くなると学習時間が低下して、新学期になったら勉強についていけるか不安」

 

コロナウイルスで自宅謹慎を余儀なくされたことで、子供の勉強する機会が奪われてしまったことを心配しているのでしょう。

 

女性は「塾に通う子はオンライン授業を受けていると聞いた。全ての子どもに平等な学習支援をしてほしい」と訴えているそうです。

 

しかし、ちょっと待ってください。

これってコロナウイルス関係ありますか?

 

コロナウイルスのせいで学習格差が生じているという理論であるならば、私はそれに異議を唱えたいです。

 

学習格差 ==  親の格差ではないか

f:id:herawata:20200317220735p:plain

それで、一番最初にツイートした文章に戻ります。

 

私は、学習格差の本質は親の格差にあると思っています。

 

もっと詳しく言うと、子供がいつ、どこで、誰と、どれだけ勉強するか?

それは親の考え方の差や経済的な格差が大きく影響するということです。

 

お金持ちの家庭であれば塾やオンライン学習、教材など沢山の選択肢を子供に与えることができます。

反対に貧乏な家庭に生まれたら、お金持ちの家みたいに塾やオンライン学習を子供にやらせてあげることはできないでしょう。

 

お金持ちの家庭と貧乏な家庭で学習環境に大きな影響が出てくるのは確かです。

今回のパートの女性のように、片親で経済的自由がない家庭であれば学校以外で満足に支援することは難しいかもしれません。

 

ここで、「学習環境が平等でない国に問題がある」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

国が今まで教育にお金をかけていない(かけていたとしても他国に比べると少量)せいでこのような事態を招いています。

 

確かに、学校や塾の無償化、図書館を夜まで開けておくなどの対策をとる必要があるかもしれません。

 

しかし、私はそれは本質じゃないと思っています。

一番問題なのは、親の経済的格差よりも親の考え方の格差だと思います。

 

子供は親を見て育つ

f:id:herawata:20200317220750p:plain

 

 

どれだけ経済的自由がある家庭でも、親の一存で塾に行かせてもらえなかったり、教育にお金を使わない人もいます。

逆に経済的自由がない家庭でも、子供が独学で勉強するようにしつけている家庭であれば、臨時休校になっても自宅で勉強すると思います。

 

結局コロナとか関係なく、今まで親が子供をどのように育ててきたかによって大半は決まるのではないかというのが私の意見です。

 

もちろん教育無償化などをして、経済的格差を無くしていくことも重要ですが、それ以上に親が子供に普段から勉強させるような環境づくりができているかの方が重要ではないかと考えます。

 

意識改革はお金とか関係なくできると思ってます。

スマホ一台さえあれば無限に教材は溢れているので、子供が勝手に学んでいくような仕組みを作ることができれば、親からしてもありがたいのではないでしょうか?

 

親を教育するのはとても難しい

f:id:herawata:20200317220813p:plain

 

私が一番必要だと思っていることは、親のレベルを底上げすることです。

子供は自分を産んでくれた親を信頼し、親を見て育っていきます。

 

そのため親のレベルを上げることで、優秀な子供が増えてくると思います。

そこで問題となるのが、親のレベルを底上げするのは非常に困難だということです。

 

親は何十年と生きてきて、自分のマインドセットが完全に出来上がっている状態です。

子供のことを最大限支援したり、考えられる親であれば問題ないですが、

そうじゃない親をどう教育していくかが重要だと思います。

 

まとめ

今回は、学習格差についての持論を書かせていただきました。

 

子供の学習格差 == 親の格差

これは 結構正しいのではないかと感じてます。

将来を担う子供たちのためにも、きちんとした学習環境を親が用意する必要があるのではないでしょうか?

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。