男子社会人のひとりよがり

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

【無知の知】社会人が勉強しない理由とは?「勉強すればするほど自分が無知であることに気付く」

スポンサーリンク

こんにちは!わたMANです。

 

今回は、"勉強すればするほど自分が無知であることに気付くことができる"というテーマで書いていきたいと思います。

 

私は以前、Twitterでこのようなツイートをしました。

 

勉強すればするほど自分が無知であることに気付く

勉強しない人はそれにすら気付かない

大人になってから勉強しない人はずっと無知のまま歳を重ねていくから怖い

 

社会人になって勉強しない人が増えていますが、何故勉強しなくなるのでしょうか?

また、”勉強すると自分が無知であることに気付く”というのはどういうことか?

 

詳しく解説していきたいと思います。

 

 

大人になってから勉強しない人が多い!?

f:id:herawata:20190602202044p:plain

 先日の記事でも全く同じ見出しで文章を書きました。

その記事がこちらです。

 

勉強しない社会人の言い分として、時間がない・忙しいといった理由がよく上がってきます。

 

しかし、本当にそうでしょうか?

一度自分の生活を見直してみてください。

 

家に帰ったらダラダラしてスマホやテレビを見てしまっていませんか?

通勤時間で電車に乗っている人は、スマホでSNSを見るのではなくそれを読書に変えるだけで勉強時間を確保できます。

 

時間がない・忙しいといって逃げている人は、たとえ時間を確保できたとしてもダラダラ生活し続けるでしょう。

 

つまり、行動を変えるにはまず意識から変えていく必要があるのです。

 

成功者ほど勉強時間が多い

f:id:herawata:20190602202114p:plain

勉強するメリットを知るためには、大人になってからも勉強する人・そうでない人の比較をした方が分かりやすいと思います。

 

ビジネスマン向けのメディアであるプレジデントオンラインの調査によると、年収と勉強時間に相関関係があることが分かっています。

 

【1週間の勉強時間】
0時間:2000万円以上30.7% 500万円以下56.0%
7時間以上:2000万円以上18.0% 500万円以下5.3%

引用:年収2000万の人”資格の勉強まずしない”

 

1週間のうちに全く勉強していない人が年収500万以下で半数以上います。

年収2000万以上でも3割の人が勉強していないのは意外ですが、勉強しているほど年収が高くなるというのは事実だと言えるでしょう。

 

つまり、いま全く勉強していない人でも毎日少しずつ勉強するだけで、年収アップが見込める可能性を秘めているのです。

 

勉強する習慣がないのは日本の雇用システムと公教育の責任!?

f:id:herawata:20190602202136p:plain

しかし、なぜ大人になってから勉強しない人が多いのでしょうか?

それは日本の雇用システムと公教育が問題になっていると思います。

 

勉強しない理由 その1:終身雇用と年功序列システム

日本では以前から正社員雇用において、終身雇用の制度をとっていました。

終身雇用とは、一度その会社に就職したら、企業倒産が発生しないかぎり定年まで雇用され続けるシステムです。

 

また、終身雇用の他に年功序列という制度もあります。

年功序列とは、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度・慣習のシステムのことを言います。

 

日本では、年功序列の終身雇用システムをとっている企業が多かったため、勉強しなくてもある程度の地位までいくことができます。

 

正直この制度によって、勉強しない社会人や変化しようとしないダメな社会人を増殖させたと思います。

 

確かに、昔のバブル期であればこの制度でもよかったかもしれませんが、今の時代だともう厳しい気がします。

 

ITの覇権をアメリカと中国に取られ、日本経済がどんどん衰退しています。

また少子高齢化に伴い、労働人口が減るにも関わらず少ない若者で高齢者を支えなければなりません。

 

今の日本には変化が求められているのです。

 

日本のトップ企業のトヨタの社長ががついに、「終身雇用は難しい」という発言をしました。

参照:「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言

 

終身雇用の時代が崩壊した次の時代は、一人一人が学んで変わり続ける力が必要だと思います。

 

勉強しない理由 その2:公教育で勉強の楽しさ・重要性について教えていない

日本の学校教育の現場を見てみると、未だに受動的な教育方法でやっている学校が多いです。

 

受動的というのは、黒板の前に先生が立って講義形式で進めていく授業のことです。

生徒たちは結局先生が黒板に書いている文字をノートに写すだけなので、写経となにも変わりがありません。

 

この勉強法だと、大人になってから自分ひとりでどのように勉強したら良いのかわからなくないですか?

 

いまアメリカなどでアクティブラーニング(能動的学習)という学習法が推進されています。

 

アクティブラーニングとは、従来の講義形式の受動的な学習ではなく、教師と学生または学生同士が双方向でコミュニケーション取りながら学んでいく能動的学習です。

 

アクティブラーニングの具体例としては以下のようなものがあります。

・クラスの中で、学生たちが討論している

・学んだことを1組ないしはそれ以上の学生同士で共有(シェア)している

・学習する主体を個人ではなく2人なしはそれ以上の極小ユニットにする

・アウトカム・レポートや「1分間ペーパー」などと呼ばれるような短いレポートを筆記させる

・3人から6人程度の互いに協働するグループをつくる

・学生の間で形式的な論争=ディベートをやる

・ビデオ映像を観た後で感想を披瀝させる

・遊戯性を伴ったゲームをおこなう

 参考:Active Learning, AC, 能動学習、能動的学習、アクティブラーニング

 

このように、自分で能動的に学習させるといった習慣を身につけさせれば、学習の楽しさというものが少しずつ分かってくると思います。

 

また、今までの一方向から講義する学習方式よりも、議論やコミュニケーション主体の学習方式の方が学習定着率や学習効率が高いことが分かっています。

 

勉強の楽しさが分かって、かつ学習定着率も高くなるのでどんどん導入していくべきなのですが、なかなか変わりませんね…

 

「無知の知」という言葉を知っていますか?

f:id:herawata:20190602202440p:plain

無知の知という言葉は、哲学者であるソクラテスを特徴づける有名な言葉です。

 一言で表すのであれば、「自らの無知を自覚することが真の認識に至る道である」というのが無知の知の教えです。

 

記事の冒頭で私のツイートを紹介しましたが、自分の無知を知るためには勉強する必要があります。

色んな分野をジャンル問わずに勉強していくと、自分って何も知らなかったんだなという思いになり、またさらに勉強しようと思うのです。

 

逆に全く勉強しない人は、自分が何を知らないのかを知らないから勉強しようともしません。

そのため、勉強しない人は無知のままずっと歳を重ねることになり、残念な大人となってしまうのです。

 

だからこそ大人になっても勉強しつづけなければならないし、無知の知を念頭に置くことが必要だと思います。

 

勉強法に関しては、過去記事で解説しているので読んでみてください。

 

何を勉強すればよいかわからない人へ

お金(経済)

お金の勉強は本当にしておいた方がいいです。

税金のことはもちろんですが、お金が世の中でどのように流れているのかを知ることが一番先かもしれません。

 

これを理解するだけで、お金に対する認識がだいぶ変わると思います。

お金に対する認識が変われば、日ごろの生活が劇的に変わります。

 

社会人としての一般常識として、お金についての勉強はしておきましょう。

 

 

IT・プログラミング

これからAIやロボットが発達し、今までやっていた人間の仕事がどんどん機械に代替されていきます。

 

日本人のITリテラシーは他の先進国に比べてかなり低いので、このままだと日本がヤバくなります。

 

個人で生き残っていくためにも、多少のITの知識を吸収しておいたほうが将来楽になると思います。

 

もっと言うと、プログラミングの勉強をしてアプリやWebサービスをつくって大儲けすれば、それだけで残りの人生安泰です。

 

興味のある方はプログラミングを学んでみるといいでしょう。

 

語学

最近いろんなメディアで、このままだと日本がヤバイという話を目にします。

少子高齢化社会が改善されることは、おそらくないと思うのでどんどん人口も少なくなってきます。

 

少ない若者で、多くの高齢者を支えていく必要があると考えたときに、賢い人であれば「日本じゃなくて海外で暮らせばよくね?」という発想になります。

 

いつ日本がオワコンになってもいいように、予め海外で暮らせる準備をしておけば、心に余裕を持つことができます。

 

また、グローバル化と言われている時代で、英語のスキルを持つだけで武器になります。

 

忙しい人向けの英語学習アプリスタディサプリ ENGLISH は、スマホ1台でいつでもどこでも学ぶことができます。

 

日常英会話コースでは、ドラマ仕立てになっていて主人公になりきって英会話を習得していくので、楽しみながら学習することができます。

 

AppStore教育カテゴリランキング 1位 を獲得したことがあるため、実績は申し分ありません。

英語を学ぼうとしている方はぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

今回は、社会人が勉強しない理由について述べた後、「勉強すればするほど自分が無知であることに気付く」というテーマについて深堀しました。

 

何度も言いますが、大人になってからの勉強は本当に大事だと思います。

社会人として、大人としての教養が身についていないと、人からも信頼を得ることができなくなります。

 

若いころから勉強していると、周りに圧倒的な差をつけることができるのでどんどん勉強しましょう!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。

 

社会人向けのおすすめ記事

 

当ブログのおすすめ記事