男子社会人のひとりよがり

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

とろサーモン久保田とスーマラ武智のM1暴動騒動から数日後…各著名人の見解やコメントまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!わたMANです。

 

毎度おなじみM-1記事ブロガーとなりました。

前回はワイドナショーでダウンタウンの松本人志さんが、とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナ武智さんの暴言騒動について言及した内容についてまとめました。

 

その内容が気になる方はこちら↓

www.herawata.com

 

ダウンタウン松本さんの発言には番組前から注目する人が多く、やはり影響力を持っている方なんだと私も再確認しました。

 

今回は、このM-1暴言騒動に関する各著名人たちの見解やコメントをまとめて紹介していきたいと思います。

 

Amazonプライムでは過去のM-1グランプリの動画を観ることができます。

お笑い好きの方や過去の熱戦を振り返りたい方は以下のページから楽しんでみてください。

過去のM-1グランプリの動画を観たい方はこちら

 

久保田・武智「暴言問題」

こちらは前回の記事でも話しているのですが、知らない方のためにもう一度説明します。

 

M-1グランプリ終了後の打ち上げで、上沼恵美子さんを批判した動画をインスタで生配信しました。

その後ネットが大炎上しました。

 

2人の騒動について詳しく書いた記事がこちらになります。

www.herawata.com

 

上沼恵美子 審査員「引退宣言」

M-1の翌日のラジオでM-1の審査員を引退しますと宣言しました。

しかし、それは暴言騒動を知る前の話だったそうです。

 

その後、とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナ武智さんがTwitterで謝罪をしましたが、まだ炎上は冷めきっていません。

 

この騒動を受けて、各著名人たちがワイドショーやインタビューで今回の騒動について言及しています。

 

その各著名人たちのコメントをまとめてみました。

 

ビートたけし

f:id:herawata:20181209164837p:plain
news.livedoor.com

たけしはまず、「俺は絶対やんないけどね、審査員」と発言。「俺よりみんなうまいし。現役の方が全然うまいってわかっているから。時代が違うしね。自分たちの漫才ブームと今の時代と全然違うし、ネタ違うし」と語り、「お笑いやなんか、体操もみんなそうだけど、審査員が判断しちゃいけないこともあるんだよね、好みだから」との考えを示した。

 

続けて、「そのきっかけとしてM-1みたいなものを作ってあげないと、若手がバーンと売れないから、そういうチャンスでもあるんだけど。それにかける若い人たちもいるし」と大会の必要性も言及。「(海原)千里・万里さん(千里=上沼恵美子)なんかものすごいうまかったからね、あの当時はね。そりゃ自分の意見言いたいんだろうけど」と上沼の気持ちも理解した。

 

また、「俺も昔、漫才コンクール出てひどい目に遭ったことあるけど、やっぱその当時の審査員恨むよね。あの野郎つって。落とされたら」と自身の苦い経験も明かし、「自分が一番ウケていると思ってるから。すごい難しいよね」と審査される側の気持ちも語った。

 

和田アキ子

f:id:herawata:20181209164903p:plain
news.livedoor.com

 

騒動について、和田は「仕事終わった後の打ち上げで、憂さを晴らすのはいいと思うんですよ。でも、SNSに挙げる習慣になっちゃってるから。公のところに乗っけるっていうのはね。もし、(暴言を)言っちゃったとしても、それをみんなに分からす必要ないと思う」と指摘した。

 

番組では、6日に放送されたインターネット番組で「自分の中の流行語大賞を発表」をテーマにラップ披露した久保田が「会社や社会の中では年長者、権力者に意見をする事は、正しいことでも罪人、悪人のように大衆に吊るし上げられ」などと歌ったことを紹介。これについて和田は「申し訳ないけど、もう彼(久保田を)を触らない方がいいんじゃない。いくらラップでも…」と、バッサリ切り捨てていた。

 

明石家さんま

f:id:herawata:20181209164934p:plain
news.mynavi.jp

 

さんまは冒頭のトークで「たぶんラジオを聞いていらっしゃる方は、さんまがM-1のことをしゃべるんじゃないかとか…」と騒動に触れるも、「しゃべらないようにって、会社に止められてますので。いらんことを言ってことが大きくなるので」と説明した。

 

そして、「俺がしゃべったらヤフーニュースに載るらしい。いらんこと言うたら」と言い、「吉本側に立つのか、上沼さん側に立つのか俺は知らんねんけど」と自身の考えは語らず。「見てないしね」と加えた。

 

オール巨人

f:id:herawata:20181209165019p:plain

headlines.yahoo.co.jp

 

巨人は「なんかバタバタしてまして」のタイトルで更新。「年に一度の皆さん楽しみの、楽しまれた折角のM―1なのに、つまらん本当に情けない話が」と切り出した。「僕として、触れない訳にはいかないので、・・ですが、ここでどうのこうの、書けないし 書きません」と具体的な内容には触れなかったものの、「しっかりした大人に成れって伝えました!」と、騒動の発端となった昨年王者の「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と今年のファイナリストである「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)に説教したことを示唆。

 

「先輩としてM―1に携わってるものとして、会った時にちゃんと話ししますので、ここは此くらいでご了承ご理解下さい!」とつづった。

 

ハイヒール リンゴ

f:id:herawata:20181209165056p:plain
news.livedoor.com

 

リンゴは騒動について「(大会で)アカンかった時はどうしても文句が出てしまうもんやけど、SNSで発信したら失敗や」と述べた。

 お笑いの審査員についても「お笑いというのは、最終的には好みやから。その好みにバラつきがないように、審査員が何人もいてはんねん」と久保田と武智の言い分は、認められないとした。SNSの発言に「女として絶対に許せない言葉はあった」と諭した。

 

そのうえでリンゴは「ただ芸人の先輩としては、1回許したってほしいねん」と語った。

 「本人、すごい反省してると思うから。言われた方の方も、許してはると思うんですよ」と願い「いちど何にも無かったことにして、おもしろく大会が進んでいくようになったら、一番いいと思う。私も1番楽しみにしてる番組ですから」と語った。

 

今田耕司

f:id:herawata:20181209165123p:plain

news.livedoor.com

 

この日のイベント後に取材に応じた今田は、騒動に「大変ですよ…」と話し始めるも関係者がストップ。それでも今田は「アカンのですか? 今から上沼さんの分も久保田の悪口を…」とボケると「ホントにあの男だけはね。あらためて、お酒は怖いな、と。お酒は気をつけなあきません。僕が怒っときますから」とマシンガントーク。

 

上沼に対して「引退せずに来年もやっていただきたい」と呼びかけたところで、関係者が再び静止すると「まだ、まだしゃべれるのに…」と悔しそうな表情に。最後は「代表いたしまして、上沼さん、申し訳ございませんでした。うちの後輩がすみません」と深々と頭を下げていた。

 

ロンブー田村淳

f:id:herawata:20181209165147p:plain
news.livedoor.com

 

田村はこの騒動が大きく扱われていることについて「ニュースを読む人にちょっと言いたいんですけど」と切り出し「『霜降り明星が優勝したM-1グランプリ』っていう。それだけつけてあげてほしいですね。僕はもうそれだけです。それ以外のことはもう、当事者でやっていただいて」と語った。「霜降り明星が優勝しましたから。確実に霜降り明星が」と繰り返し、「霜降り明星を盛り上げていただきたいと思います」とまとめた。

 

まとめ

今回のM-1暴言騒動について、大御所方から厳しい意見が飛び交っていますね。

とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナ武智さんはこれからどうなってしまうのでしょうか?

 

今後の展開も注目していきたいと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。。

よかったら読者登録よろしくお願いします。

 

Amazonプライムでは過去のM-1グランプリの動画を観ることができます。

お笑い好きの方や過去の熱戦を振り返りたい方は以下のページから楽しんでみてください。

過去のM-1グランプリの動画を観たい方はこちら