男子社会人のひとりよがり

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

勉強の効率を最大限にアップさせる「ラーニングピラミッド」とは?~学習定着率の話~

スポンサーリンク

f:id:herawata:20180517012529p:plain

こんにちは!わたMANです!

 

突然ですが、皆さんは普段勉強するときにどのような方法で勉強していますか?

「講義を受ける」「本や参考書を読む」と言った方法で勉強している人が多いと思います。

しかし、それらの方法では全く頭に定着しないということが研究でわかっています。

 

「授業を真面目に受けて、教科書もしっかり読んで勉強しているのに何で成績が上がらないんだろう…」と思っている人は、勉強の仕方が間違っているかもしれません。

 

また一日何十時間勉強している人も、もっと効率の良い勉強方法を実践すれば、勉強時間を減らすことができるかもしれません。

 

今回は、学習の仕方の違いによる脳への定着率「ラーニングピラミッド」と呼ばれるものについてお話していきたいと思います。

ラーニングピラミッドとは?

アメリカの国立訓練研究所の研究で発表された、各学習方法による学習の定着率を表すものをラーニングピラミッドと呼びます。

下記の画像を見ても分かるように、ピラミッドの下層に行くほど学習定着率が高くなります。

f:id:herawata:20180514191827p:plain

(出典:エドガー「ラーニングピラミッド」)

 

  • 講義を受ける-5%
  • 資料や書籍を読む-10%
  • 視聴覚(ビデオや音声等による学習)-20%
  • 実演を見る-30%
  • 他者と議論する-50%
  • 実践による経験、練習-75%
  • 他者に学んだことを教える-90%

 

講義を受けたり資料や書籍を読むことによる学習定着率が低く、実践による経験や他者に学んだことを教えることによる学習定着率が高いことが分かっています。

 

能動的になるほど学習定着率が高くなる!?

f:id:herawata:20180517012548p:plain

学んだことを身につけて、定着させるためにはラーニングピラミッドの通り、他者と議論する・実践する・学んだことを他者に教えることが効果的です。

これらに共通することは、能動的(自分から進んで行動しようとする)であるというです。

 

普通の教育現場では先生が前に出て一人で喋りながら、生徒がノートを取っていたり話を聞いていたりしています。

これは受動的(他人の働きかけによって行動する)であり、ラーニングピラミッドを見る限り学習定着率がかなり低いです。

 

このことから従来の教育方式(講義を受ける、ノートを取る)からアクティブラーニング(能動的学習)の教育方式というものが注目されています。

 

アクティブラーニング(能動的学習)とは?

f:id:herawata:20180517012636p:plain

アクティブラーニングとは、従来の講義形式の受動的な学習ではなく、教師と学生または学生同士が双方向でコミュニケーション取りながら学んでいく能動的学習です。

アクティブラーニングの具体例としては以下のようなものがあります。

・クラスの中で、学生たちが討論している

・学んだことを1組ないしはそれ以上の学生同士で共有(シェア)している

・学習する主体を個人ではなく2人なしはそれ以上の極小ユニットにする

・アウトカム・レポートや「1分間ペーパー」などと呼ばれるような短いレポートを筆記させる

・3人から6人程度の互いに協働するグループをつくる

・学生の間で形式的な論争=ディベートをやる

・ビデオ映像を観た後で感想を披瀝させる

・遊戯性を伴ったゲームをおこなう

 参考:Active Learning, AC, 能動学習、能動的学習、アクティブラーニング

 

アクティブラーニングが求められるようになってきた背景には、学習定着率が高いこと以外にも、生徒が学ぶことの楽しさを感じることができたり、授業を飽きさせないようにしようとする試みがあったからであると思います。

従来の講義形式型では、ただ座って聞いているだけで寝てしまう生徒も沢山いましたが、アクティブラーニングは議論やコミュニケーション主体の授業なので、生徒が退屈になることは減っていきます。

 

「サイエンス」という学術誌で発表された研究で、従来の受動的学習とアクティブラーニングの学習方法を比較して、どちらの方がテストで点数を取れるのかを実験した人達がいました。Aのグループには従来の受動的学習、Bのグループにはアクティブラーニングの授業を行いました。

その後、各グループにテストを実施した結果、Aグループの成績分布は12点満点中5点がピーク。それに対してB群は11点がピークで、大きな差が見えました。

これは学生個人にマンツーマンで家庭教師をつけた場合の学習効果に匹敵すると言われています。

 

また90分の講義で、15分おきに学生同士でノートを2~3分見せ合うだけで成績が上がったという研究もあります。

このように今までの一方向から講義する学習方式よりも、議論やコミュニケーション主体の学習方式の方が学習定着率や学習効率が高いことが分かっています。

 

まとめ

f:id:herawata:20180517012724p:plain

今回は、学習の仕方の違いによる脳への定着率「ラーニングピラミッド」と呼ばれるものについてお話していきました。

 

ラーニングピラミッドによると、講義を受けたり資料や書籍を読むことによる学習定着率が低く、実践による経験や他者に学んだことを教えることによる学習定着率が高いことが分かっています。

学んだことを身につけて、定着させるためにはラーニングピラミッドの通り、他者と議論する・実践する・学んだことを他者に教えることが効果的です。

 

現在注目されているアクティブラーニングとは、従来の講義形式の受動的な学習ではなく、教師と学生または学生同士が双方向でコミュニケーション取りながら学んでいく能動的学習です。

アクティブラーニングの学習方式である、議論やコミュニケーション主体の学習方式の方が学習定着率や学習効率が高いことが分かっています。

 

今の教育現場は、未だに一方向の講義形式で授業をしている所が多いので、あまりよろしくないと思います。IT技術を上手く駆使しながら、能動的に学習できる方針に早く差しかえていく必要があるでしょう。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。