男子社会人のひとりよがり

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

【玄関の鍵が回らない・抜けない】鍵の動きを滑らかにする超簡単な1つの方法

スポンサーリンク

f:id:herawata:20180309031324p:plain

こんにちは!わたMANです!

 

今回は玄関などで回りにくくなったり、抜けにくくなった鍵を、あるたった一つの方法で動きを滑らかにする方法を紹介したいと思います。

 

僕は3月の初めに引っ越したのですが、引っ越し先のアパートの鍵が全然抜けなくて困っていました。

22歳の若い男の力でも鍵を抜くのに一苦労していたので、かなり困っていました。

 

引っ越してきたばかりの新居でこのようなことになり、とても憂鬱な気持ちで業者でも呼ぼうかと悩んでいましたが、

 

なんと誰もが持っているあの〇〇を使ったら、めちゃくちゃスムーズに鍵が抜けるようになりました。

 

これは感動ものです。今ではストレスなく鍵を開閉することができています。

 

今回はその使った〇〇で鍵の動きを滑らかにする方法を教えます。

 

 

誰もが持っている"あれ"を使えば鍵の動きが滑らかになる!

みなさんが必ず持っていると思われる"あれ"で鍵の動きをスムーズにすることができます。

 

それは、、、

 

鉛筆です!!

 

鉛筆が無い方はシャーペンでも大丈夫です。

(誰もが持っているといったのですが、僕は鉛筆が無かったので、シャーペンでやりました。嘘ついてごめんなさい。)

 

鉛筆は濃い方がいい 

鉛筆のなるべく濃い鉛筆の方が効果があります。

シャープ芯の種類

 大体みなさんが持っているのは2B~HBの間の濃さぐらいでしょうか。

なるべく濃い方がいいですが、僕はシャー芯のHBでやっても効果バッチリでした。

 

鉛筆でなにするの?

鉛筆でやることはたった一つです。

 

鉛筆で鍵をなぞる!!

 

ただそれだけです。

鍵の凹凸の部分や側面を鉛筆で強めになぞってください。

f:id:herawata:20180309020601j:plain

 

あっ!まずなぞる前に使わなくなった歯ブラシなどで鍵を拭くことをお忘れなく。

f:id:herawata:20180309020619j:plain

 

歯ブラシでゴシゴシした後はとにかく鉛筆で鍵をなぞってください。

鉛筆の芯を付けるようになるべく強めになぞるのがポイントです。

 

こんな感じでめっちゃ芯がでるぐらいの方がいいです。

f:id:herawata:20180309021954j:plain

 

なぞった後は鍵穴に鍵を挿入

鉛筆でなぞった後はその鍵で鍵穴に抜き差ししましょう。

 

1回では効果を感じることは難しいので、抜き差ししてまた鉛筆でなぞるという作

業を2~3回繰り返しましょう。

f:id:herawata:20180309024031p:plain

するとだんだんと鍵が滑らかになってきますよ~

驚くようなことですが、騙されたと思ってやってみてください。

 

世界50カ国で愛されている鍵メーカーMIKAも公認

www.miwa-lock.co.jp

 

こんな感じでわかりやすいイラストで説明してくれています。

f:id:herawata:20180309024936p:plain

鍵の切り込み部分を鉛筆で強めになぞり、数回鍵穴に抜き差しましょう。終了後、鍵についた黒鉛はふき取りましょう。

 

なぜ鉛筆でなぞるのが効果的なの?

それ鉛筆の芯である鉛が鍵穴の内部に付着して潤滑油の役割を果たすからです。

 

詳しくはこちらに書いてあります。

参考:カギの調子が悪い→鉛筆でなぞれば回復 MIWAも公認のマル秘テク - withnews(ウィズニュース)

 

市販で売っている潤滑スプレーを使うのは故障の原因になるので止めた方がいいらしいです。

 

なので、鉛筆がある方は素直に鉛筆でやりましょう。

鉛筆でやれば故障の心配もありません。

 

まとめ

今回は回りにくい・抜けにくくなった鍵を鉛筆でなぞることによって動きが滑らかになるということを紹介しました。

これはぜひ試して見て欲しいです。

年に1回ぐらいは鍵穴の手入れをした方がいいと思うので、今は大丈夫という方でもいつかやってみてください。

 

また鍵が動かなくて悩んでいる人は業者に頼むよりも、鉛筆を使った方がはるかに効率がよくて安いです。

 

この方法はもっと多くの人が知ってほしいと思ったので書かせていただきました。

鉛筆やシャーペンが無い方は買ってくださーい。

 

 

 最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。