男子大学生のひとりよがりブログ

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

人を説得させるための三つの合言葉!ロゴス、パトス、エトスって何?

スポンサードリンク

「フリー素材 説得」の画像検索結果

こんにちは!わたMANです!

 

喋りや文章で人を説得させるのってとても難しいですよね。

説得力を身に着けることができれば、営業や議論の場など様々な場面で役に立てることができます。

最近はビジネスシーンにおいて、「ロゴス」、「パトス」、「エトス」という言葉が使われるようになってきているみたいです。相手を説得したいと思った時に、この3つの言葉を覚えておけば、きっと相手を納得させることができると思います。

 

今回はこの3つの言葉についてお話ししていきたいと思います。

 

ロゴス、パトス、エトスとは?

 古代ギリシアの哲学者であるアリストテレスによって書かれた『弁論術』という本があります。その中にある、「三種の説得手段」で説得力のあり方について3つの側面から考察されています。

それが「ロゴス」、「パトス」、「エトス」です。

それぞれ、ロゴスは論理、パトスは情熱、エトスは信頼という意味です。

一つずつ詳しく見ていきましょう。

ロゴス(論理)

人を説得させる上で最重要になるのが、相手に分かりやすく、理解できるように説明することです。相手が「なるほど、その通りだ」と納得するような説明ができれば、相手は自分の話を真剣に聞いてくれることでしょう。相手を納得させるためには論理的思考が必要になってきます。簡単な言葉を使って、話の筋が通っていれば、多くの人を説得できると思います。しかし、論理的思考ばかりだと理屈っぽい人であると思われてしまうので、感情で訴えかけることも必要かもしれません。

パトス(情熱)

論理だけでは人の感情を動かすことができないかもしれません。やはり人と人とのコミュニケーションにおいては、感情的に訴えかけることが必要になってきます。営業などの交渉する場面では、論理よりも情熱の方が重要になるときがあるかもしれません。結局最後の決定打となるのは、相手の心をどれだけ揺さぶらせたかになるのではないでしょうか?そして、自分の感情ばかりを押し付けるのではなく、相手の感情を読み取って、相手が何を求めているかを汲み取る力が必要です。いくら喋りが上手くても、相手の気持ちを理解せず、一人でベラベラ話しているだけでは信頼は得られないと思います。

エトス(信頼)

どんなに喋りが上手くて感情を揺さぶる話し方や文章であったとしても、信頼が無ければ相手を説得させることはできません。信頼を得るためには、自分の人格が良くないといけません。例えば犯罪者の話を誰も信用しようと思いませんが、自分が尊敬している人や社会的地位が高い人の話は、興味を持って聞くと思います。このように、人柄や人格が優れた人の話は、積極的に聞く耳を持ってくれるのです。そのため、相手を説得させるためには、普段からの行いをしっかりとする必要があり、「この人の話だからしっかり聞こう」と思わせることが大事です。パトス同様にエトスも人と人とのコミュニケーションだからこそ重要になってくる部分であるかと思います。

 

重要度はエトス>パトス>ロゴス

エトス(信頼)が無ければ、パトス(情熱)やロゴス(論理)がどれだけあっても人を説得させることはできません。よくお金=信用という言葉を聞きますが、営業の場では信頼が無ければ、モノを購入したり、契約することはありませんよね。信頼があってこそのやりとりであると思うので、パトスとロゴスは二の次です。話し方の練習をする前に、まずは自分の人柄について考えてみてはいかがでしょうか?普段から、相手に心がない言動をしていたらすぐに改善しましょう。人から信頼を得るには日々の積み重ねが重要になってくると思います。

 

まとめ

  • ロゴス(論理)
  • パトス(情熱)
  • エトス(信頼)
  • 重要度:エトス>パトス>ロゴス

この3つを頭に入れて、日々生活していきましょう!!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。