男子大学生のひとりよがりブログ

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

【ディズニーから学ぶ】著者 櫻井 恵理子『「一緒に働きたい」と思われる 心くばりの魔法』 感想・レビュー

スポンサードリンク

こんにちは!わたMANです!

今回は櫻井恵理子さん著作の『「一緒に働きたい」と思われる 心くばりの魔法』の感想やレビューをしていきたいと思います。

 

 

f:id:herawata:20170812114250p:plain

この方は10万人以上のキャストを育てた、ディズニーの元人材トレーナー。

あらすじ

ディズニーと聞いて、あなたはなにを思い浮かべますか。
「夢の国」
「きらめくパレード」
「かわいらしいキャラクター」
「スリリングなアトラクション」
きっといくつもの楽しいイメージが浮かんでくるでしょう。

そんな魅力あふれるディズニーのパークを支えている、ある「魔法」を知っていますか。
その魔法とは……「心くばり」です。

キャストたちの心くばりがあって初めて、ディズニーのパークは「夢の国」として存在しているのです。

 押さえておきたいポイント

ポイント1:相手のことを思いやり、相手のために心を尽くす

 ディズニーのキャストとして、お客さんに如何にして喜んでもらえるかを常に考えている。そして、自分の言動が相手にどのように映るのかを意識して接するようにする。相手のことを思いやり、相手のために心を尽くすことによって、最高の接客が出来るようになる。

 

これはディズニーのキャストだけに言えることではなく、様々な職場で活用できる考え方だと思います。飲食店やその他の接客業、営業だったり同じ職場の仲間とのコミュニケーションにおいてもこの考え方は必要ではないでしょうか?

 

自分より相手を優先に考え、心の壁を作らないように相手のために心をつくす。そして、感謝の気持ちを忘れず、どんなに小さい事でもちゃんと言葉で伝える方が喜んでくれると思います。

 

もしも苦手な人がいた場合は必要最低限な気遣いをして、さらっと受け流すくらいの気の持ちようでいいと思います。

 

ポイント2:仕事のモチベーションを高くもつ

ディズニーのキャストの人は基本仕事へのモチベーションが高い。各個人そのモチベーションを保つために、やりがいを感じながら仕事をしている。お客様の喜んでいる顔を見たり、感謝の声をもらったり自分の成長を感じることがモチベーションUPに繋がっている。

 

どんな仕事でもモチベーションが高いに越したことはないと思います。仕事をする上で、やりがいというキーワードは結構重視されます。実際やりがいを感じながら仕事をした方が長く続くと思うし、自分の成長にも繋がると思います。

 

僕はまだ大学生なので偉そうなことは言えませんが、スーパーでバイトしていた時に毎回同じような作業を週3~4日、多いときは週5日やっていました。品出しや掃除、袋詰めなど本当に誰でも出来る仕事だったので、半年ぐらい働いたら一人前になれました。

 

一人前になり、その単純作業でやりがいを見つけるのが難しくて仕事のモチベーションが下がってしまいました。そうなったときに、なんとかしてやりがいを見つけようと思い、なるべく効率よく早く終わらせる方法をずっと考えていました。

 

単純作業だからこそ無駄を見つけやすくて効率化ができたので、大分時間を余らせて終わることができていました。終わった後は他の人の手伝いをしていました。その時に同じバイト仲間や社員さんに「仕事早いね!」「わたMAN君がいると助かるよ」と言ってもらえたことが嬉しかったです。それがモチベーションUPに繋がりました。

 

このようにスーパーのバイトをしている中でもやりがいを見つけることができていたので、大抵の仕事は見つけられると思います。自分がやりたい仕事ではないかもしれませんが、その中で少しでもモチベーションを保てるようにする工夫は必要かと思います。

 

 まとめ

基本的にはディズニーの話と絡めた話が多いのですが、その考えを自分の仕事に置き換えることで面白く読めると思います。

 

 

 最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。