男子大学生のひとりよがりブログ

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

【必見】夏バテ防止に効く食べ物や食材は?

スポンサードリンク

7月も中旬でだんだんと暑くなってきました。

この時期になると怖いのが夏バテですよね。

今回は夏バテに関する情報を調べてみたので、この記事を見て夏バテ予防をしましょう。

 

夏バテの原因

・栄養不足 
・水分不足

・疲労
・睡眠不足
・体の冷え

 

 夏バテの症状

・微熱

・便秘

・頭痛

・吐き気

・めまい

・下痢

・体のだるさ

・食欲不振

 

夏バテに効く食材

トマト

f:id:herawata:20170715135306p:plain

夏の野菜として、その甘味や酸味が食欲増進、疲労回復にとても有効な食材です。
お酒の飲み過ぎによる胃炎の時も、トマトを食べると胃のむかつきを抑えてくれる効果があります。

トマトの酸味は胃液の分泌を促進して食欲を増進させ、タンパク質の消化を助けます。カリウムを含みますから、体内の余分な塩分を排出して、高血圧予防に効果があります。

https://matome.naver.jp/odai/2134070986119285501

枝豆

f:id:herawata:20170715135339p:plain

またビールのおつまみに良いとされているのは枝豆に含まれているメチオニンがアルコールの分解を助けて肝機能の負担を軽減する効果があるからです。呑み過ぎによる健康への配慮や二日酔いの防止にもなります。

 

枝豆は夏バテにも効果的で疲労物質を代謝でなくしてくれる効果をもっています。

 

枝豆は他の野菜よりもビタミンB1とB2の含有量が抜きんでています。

 

これらの栄養素は摂り過ぎた塩分を体外に排出し、糖質やたんぱく質を分解してエネルギーに変えてくれます。

http://summer-walker.com/natsubate3/taisaku15.html

納豆

f:id:herawata:20170715135358p:plain

納豆には様々な栄養が含まれていますが、中でも疲労回復や体力の低下を防ぐ効果があるのが、ビタミンB群。

また、低カロリーで良質のたんぱく質が得られ、アルギニンという疲労回復に役立つアミノ酸も多く含まれています。

納豆のネバネバの「ムチン」が胃壁を守りってくれて消化吸収を助け、アルコールの分解を早める働きもあるので、疲れた胃や肝臓にはもってこいです。

http://yvryvr.com/1323.html

豚肉

f:id:herawata:20170715135415p:plain

・たんぱく質を含む

豚肉はたんぱく質を含んでおり、夏は暑いので汗を流しやすいと同時に代謝も上がるので、、たんぱく質が不足しやすい傾向にあり、体の疲労や夏バテを起こす事があるので、豚肉は
筋肉の疲労を回復したり、不足したたんぱく質を補えるので、夏バテ予防にピッタリです。

・ビタミンB1

夏バテ予防に豚肉が効果的なのは、ビタミンB1の存在が大きく、こちらは疲労回復になる栄養であり、暑い夏で食欲が落ちていた時でも食欲を向上させる効果があるため、疲労回復と食欲向上がビタミンB1のメリットで、筋肉や神経を正常に保って、炭水化物を代謝をして、エネルギーとするので、スタミナを付けて夏バテ予防になります。

http://sizennnokurasi.com/archives/906.html

塩レモン

f:id:herawata:20170715135436p:plain

なぜなら、塩とレモンは夏の体調不良を改善するのにもってこいの組み合わせだから。汗で体外に出て行く塩分と、レモンにビタミンCや疲労回復に効果があるクエン酸が含まれているので、夏バテの疲労回復に効果的なのです。

https://form.allabout.co.jp/tips/350/

梅干し

f:id:herawata:20170715135458p:plain

梅干しに豊富に含まれたクエン酸などの有機酸の効能が、夏バテによる疲労や食欲不振を回復させてくれます。クエン酸サイクルを活発化させてくれるリンゴ酸や、コハク酸といった夏バテの予防や解消に効果的な栄養素を含んでいます。

http://teminfo.net/archives/199

 

まとめ

今回は夏バテ予防の食材をいくつか紹介しました。

これらの食材を使った料理をつくることで、夏バテ予防に必要な栄養素を取ることが出来ます。ぜひ試して見てください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。