男子大学生のひとりよがりブログ

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

時間制限アリの飲み放題で酒すぐに持ってこない居酒屋にマジで腹立ちました

スポンサードリンク

「居酒屋 イラスト」の画像検索結果

酔った勢いで書いています。

温かい目で見てください。

 

昨日友達と2人である居酒屋に飲みに行ったのですが、そこの居酒屋が結構はずれのところでした。

 

まず19時15分くらいに入って客が1組しかいなかったんですよ。金曜の夜だし駅からかなり近かったのでなんでだろうなという疑問がすぐに浮かびました。

まぁ始めていく店だったので、様子を見て飲み物や食べ物の値段が高かったらあまり頼まなくていいやというような気持ちでした。

 

 

いざメニューを見てみたら飲み放題が2時間で980円!!

これは普通に安かったので2人とも飲み放題にしました。食べ物も串ものやご飯ものの値段が手頃だったので、普通にいい店だなぁなんて思っていました。

 

さっそく頼もうと思って店員さんを呼ぼうとしました。席に押しボタンがなかったので、少し遠くにいた若い女性に声を掛けました。

僕の声に店員さんは気づいてくれて、飲み放題のコースにしてまずはお酒だけ頼む流れになりました。

 

一杯目は必ずビールを飲むので、僕と友達の分で生ビールを2つと注文しました。

そこで店員さんはスマホを取り出して、何かいじり始めました。その店では専用の機械や紙に注文を書くわけではなく、スマホを使ってお客さんの注文を受けるそうです。

 

僕はそのような形でやっているお店を初めて見たので、斬新な店だなぁなんて思ってたりしました。

 

しかし、その女性店員の方がずっとスマホをいじって何か困っている様子だったんですよ。僕はそれを見て、「どうしましたか?」と聞いたら「私、あまり慣れてなくて…」みたいな感じでいっていたので、まぁしょうがないかと思って待っていました。

 

2分ぐらいたってようやく生ビール2つの注文を受けてくれたのでとりあえず食べ物は後で注文することにしました。

 

でも僕は心の中で、「ビールって皆が頼みそうなのにスマホの操作であたふたするのか~」なんて思ったりしながら、お酒が来ました。

お酒が来たタイミングで食べ物を頼むことにしました。店員さんを呼んだらまたさっきと同じ人だったので、少し不安でした。

 

僕は串揚げ2種類と角煮チャーハンで友達は串焼き2種類とキムチチャーハンを頼みました。そんな多く頼んだわけではないし、今度は大丈夫かな?なんて思ってたらまたその店員さんがあたふたし始めました。

 

僕は「やっぱりか~」と思いながら一つずつ丁寧にメニューを確認していきました。結局その注文だけで体感5分ぐらいかかりました。

この間も飲み放題の時間にもちろん入っていたので、僕はお酒を飲むペースを早めることにしました。

 

一杯目を飲み終わり、次にレモンサワーを頼みました。一つしか注文していなかったので、今回はスムーズに注文を受けてくれました。しかし、お酒はまったく来ず、先ほど頼んだ食べ物も来ず、10分ぐらい暇な時間を過ごすことになりました。

 

10分後、ようやくレモンサワーは来ましたが食べ物はまだ何も来ない状態で、お酒をずっと飲んでいました。そしてさらに10分後、ようやく一品目の僕が頼んだ角煮チャーハンが来たので先に食べ始めました。

 

もうその時点であまりいい気分では無かったのですが、チャーハンが意外と美味しくてコスパもよかったので何とか怒りを抑えていました。その後、僕が頼んだ串揚げが来て、友達が頼んだものは一つも来ていないという状態になりました。

 

これはさすがに言った方がいいと思いましたが、友達は心が広く結局待っていました。僕は申し訳なかったですが、自分だけご飯を食べながら友達と話していました。

そしてようやく友達のところにも食べ物が来て普通に飲み始めることが出来ました。

 

食べ物を頼んでから約30分ぐらいの出来事だと思います。

 

さすがに時間が無駄になってしまったので、僕は3杯目のお酒と餃子を頼みました。10分後ぐらいに餃子が来て、まぁこれは普通に待てる時間だったのですが、お酒が全然来ません。しかも、僕の席から店員さんが見えるのですが、店員さんはずっと立ったままで暇そうにしていました。

 

「いやいや何やってるんだ」と僕は思いながら、店員さんを呼ぼうとしたらあちらから何故か来てくれて僕たちの席の前にきました。

そこで、僕の空いたグラスを見て言った言葉に僕は愕然としました。

それは、「お酒のおかわりいりませんか?」

 

いやいやいや、俺さっき頼んだやないかーーーーい

 

って思い増したがグッと我慢して、

「いや、さっき〇〇っていうお酒頼んだんですけど…」と丁寧な口調で言いました。

そしたら店員さんは、

「申し訳ありません。確認して参ります。」っといって一応5分後くらいにもって来てくれました。

 

僕は普段お店に行っても怒るようなタイプではなかったのですが、今回の一連の流れを通してさすがにキレたくなりました。

 

人が全然来ない理由が分かりましたよ。

僕は多分あの店には二度と行きません。(笑)

 

ということで今回はここまでにしたいと思います。

 

 

僕がただ愚痴を話すだけになってしまいましたが、

最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。

 

以上家でお酒を飲みながら書いた記事でした。

 このお酒めっちゃ酔えるので重宝しています。