男子大学生のひとりよがりブログ

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

ポケモンGOが日本で衰退した理由・現状・そして今後の未来

スポンサードリンク

f:id:herawata:20170408095253p:plain

こんにちは!わたMANです。

今回は『ポケモンGO』に関することを書きました。

言いたいことを言っているだけなのでご了承ください。

 

 

ポケモンが日本で衰退した理由

 リリースされた当初の盛り上がりは凄かった。私はリリースされて1週間後にインストールして周りの人より遅れを取っていたが、あっという間にトレーナーレベルを追い抜かしてしまった。それほど最初の頃は衝撃的だったし、本当にポケモンを捕まえている感覚を楽しむことができた。

名古屋の鶴舞公園には深夜にも関わらず沢山もの人がいて、お祭り状態だったことを覚えている。

 

そんなブームが約1ヵ月半くらいで一瞬にして消え去ってしまった。僕も時代の流れとともに段々とやらなくなってしまった。何故だろうか?

 

一つの理由として他のプレイヤーとの通信要素が不足していることだと考える。普通のゲームアプリであったら他のプレイヤーと協力して敵を倒したり、通信交換などを行ったりなど簡単に交流することができた。

 

一応ポケモンGOにもジムという各地に設置してある場所で通信できる要素はあるが、圧倒的にこれだけでは足りない。ほとんどのジムは少人数の強プレイヤーが陣取りしているため、一般人が簡単に手を出せる場所ではなくなった。これで通信交換もなければ、課金する人か時間を掛けられる人が必然的に強くなる。

 

それ以外のコンテンツとしてポケモンを捕まえてコレクションするというのが一つの楽しみ方であるが、結局捕まえたところでその先の発展がない。ただ仲間に見せて自慢するだけのものにしかならない。これをどうにかする必要があると考える。

 

f:id:herawata:20170408100312p:plain

あと重要な問題としてこのゲームは都心部に住んでいる人が有利になるということだ。ポケストップというモンスターボールやその他のアイテムをゲット出来るスポットがあるが、これは田舎には圧倒的に少ない。都心部にはそのポケストップが山ほどありそこで差が生まれてしまう。各都道府県でポケストップの数は統一してもよかったのでは無いだろうか。

 

このような原因からポケモンGOが衰退した理由であると考える。

 

ではどうしたらまた人気がでるのか?

通信交換の機能は2017年の内に実装されると思う。実際にそのような記事も出ている。記事の中には近くにいる人でしか交換できないみたいな感じで書いているが、もっと広範囲で通信交換できるようにした方が確実に良いと思う。

 

対戦機能もジムバトルだけではなく、身近な人と簡単に対戦できるような機能がほしい。先ほども言ったが、ジムバトルだと一部の強い人が独占してしまうので。対戦をもっと手軽に出来るようにしたら良いと思う。

 

仲間内で競い合うときにジムバトルだけでは難しい。子どもの頃、ゲームでよくあった「自称地元最強」をみんな名乗りたい。そのためには対戦機能を充実させることで解決できるのではと考える。

 

そしてポケモンGOの最大の魅力であるポケモンを捕まえてコレクションするということに関して、これから世代ごとのポケモンをどんどん増やせばいいと思うが、それは一時の盛り上がりに過ぎない。しかも、これから追加される世代のポケモンは20歳以上成人が知らない世代のポケモンが登場することとなる。

 

僕は今21歳であるが、僕と同じくらいの年代でポケモンの過去作を毎回プレイしてない限り、3世代あたりまでしかポケモンを把握していないというのが事実。僕はポケモンが好きなので現在のSMをプレイして一応7世代まではなんとか把握している状態だ。

 

しかし普通ポケモンのゲームをやるのは小・中学生くらいまでで、僕みたいに大学生までやっている人は少ない。なので大抵の人はおそらく小学生のころにプレイした世代のポケモンしか把握していない。大人になってもポケモンのアニメを観ている人がいたら話は別であるが、、、

 

f:id:herawata:20170408100336p:plain

実際のところポケモンというのは、僕より上の年代の人はピカチュウやフシギダネといった第1世代のイメージが植え付けられていると思う。そのイメージを変えることはほぼ不可能に近く、これからアプリがアップデートされて新しい世代のポケモンが追加されても以前同様の盛り上がりを見せるのは困難であると考える。

 

それを踏まえた上でこれからポケモンGOを発展させるための一つの案として、ポケモンに着せ替えをさせるという考えだ。よく期間限定で帽子を被らせたピカチュウが大量発生させたり、その他にもクリスマス仕様で着せ替えをしてみたりすでにちょくちょくやっている。これをもっと発達させることがカギではないかと考える。

 

もっといろいろなポケモンに着せ替えができるようにしたらどうだろうか?帽子や洋服などのファッションアイテムをユーザーが選べるようにして、好きなポケモンに好きなコーディネートをする。そして月に何回かオンラインでファッションコンテストみたいなものを開く。

 

ユーザーがコーディネートしたポケモンを一匹持ち寄り、コンテストに参加することでその中で人気を競い合う。そのような機能があったら楽しいと感じる人は増えるのではないだろうか。

あくまでもこれは一つの案であり、考えれば考えるほどまだまだポケモンGOは発展していけると思う。

 

全世界のユーザー数は何人?

f:id:herawata:20170408100438p:plain

4月4日にロンドン・ゲーム・フェスティバルというイベントが開催された。

そこで、あの『ポケモンGO』を運営しているアメリカの企業ナイアンティックCEOのジョン・ハンケ氏が登場した。

 

そこで現在ポケモンGOをプレイしている人数が全世界で6500万人いることを発表した。

 

日本では現在プレイしている人は去年にくらべて格段に減少した印象であるが、世界ではまだまだブームが沸き起こっているそうだ。

 

4月7日にアップデートされ中国語でもプレイできるようになった。

 

最後に

いろいろ語りましたが、ポケモン好きの僕からしてみればポケモンがより発展してくれることを願うばかりである。

世界中の人が年代関係なくゲームに熱中している姿を見ていたら平和だと思いませんか?

それを実現することができるのがポケモンGOであると思う。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。