読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男子大学生のひとりよがりブログ

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

スポンサードリンク

【パレートの法則】僕の人生が少し楽になった話 ~マーケティング用語~

こんにちは!わたMANです。

皆さんはパレートの法則をご存じでしょうか?

僕はこの法則を知ってから人生においての考え方が変わった気がします。

 

今回はこの「パレートの法則」について伝えたいです。

 

パレートの法則

f:id:herawata:20170407031455p:plain

パレートの法則とはイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した法則。

経済において全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。2:8(2対8)の法則などと呼ばれています。

 

パレートの法則が使われる例

    • ・商品の売上の8割は、全商品のうち2割の銘柄が生み出している。
    • ・企業の売上の8割は、全体の2割の顧客が生み出している。
    • ・企業の売上の8割は、全従業員のうちの2割の従業員で生み出している。
    • ・仕事の成果の8割は、費やした時間全体の2割の時間で生み出している。
    • ・機械の故障の8割は、全部品のうち2割の部品に原因がある。
    • ・所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。
    • ・離婚件数の8割を、離婚経験者2割が占めている。
    • ・試験問題の8割が、その学科に関する2割の知識で答えられる。
    • ・文章で使われる単語の8割は、全単語数の2割に当たる数の単語である。
    • ・都市の交通量の8割は、都市全体の道路の2割に集中している。
    • ・ソフトウェア利用者のうち8割は、全機能のうち2割しか使わない。
    • ・物事の本質の8割は、2割を見ればわかる。
    • ・100匹のアリのうち、よく働くのは2割だけ。
    • http://rules-of-success.jp/mental/pareto-law/

     こんな感じで使われる場面は多くあるんですよ。  

2:6:2の法則

  •  2:6:2の法則というものもあるんですけど、これは小・中学校のクラスでもよくある話で、クラスの中で頭のいい人は全体の2割、普通の学力の人は6割、頭悪い人は2割くらいに分かれるようになってるんですよ。

足が速い・遅いの割合もおおよそ2:6:2に分かれると思います。

 

これは自分の学生時代を思い出してもらえればあてはまることだと思います。

 

結局何が言いたいかというと、どんな組織や集団の中でも「できるやつとできないやつ」が必ず存在するということです。

経営者やマネジメントを職にしている人は企業の8割の利益を生み出す2割の人材を見抜く力が必要だと思います。

 

人間関係に置き換えてみる

f:id:herawata:20170407031439p:plain

このパレートの法則を人間関係で置き換えるとしたら、

2割気の合う人がいて

6割普通の関係の人がいて

2割気の合わない人がいる

ということですかね。

 

よく人に好かれたいと思って自分を取り繕う人が多いと思いますが、少し考え方を変えてみるべきだと思います。

 

全員が全員あなたの事を好きになるはずないでしょ

って言いたい。

 

自分に必要な人はその時になったら必要に応じて出会うと思うので、僕は無理に人間関係について悩むのを止めました。

 

「自分の言いたいことを言って、それでも近くにいてくれる人を信頼すればいいよ。」

っていうのが僕の考えです。

 

この考えに賛否両論あると思いますが、自分の考えは変わりません。

これで人生少し楽になったので。

 

今回は適当に書いていたら変な話になっていました。

お許しください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。