男子大学生のひとりよがりブログ

名前:わたMAN   職業:大学生  時事ネタや自分の趣味などさまざまなジャンルを書くかもしれませんがお許しください。

【2017年邦ロック】今年絶対バズるバンド"yonige"について語る 【売れるべきバンド】

スポンサードリンク

※2017年11月19日更新

こんにちは!わたMANです。

今回は僕が大注目しているガールズバンドのyonigeについて語っていこうと思います。

2017年絶対に売れると信じています。

 

 

そのためにも僕が何とかして売れるようにみなさんに魅力を伝えます。

それほどいいバンドなので。

 

基本情報

yonige

 

 2013年に活動開始。

大阪府寝屋川市出身の3ピースガールズバンドとして活動していました。

左からベース兼コーラスのごっきん、ギター兼ボーカルの牛丸ありさ、ドラムのかねもとです。

メンバーは1994年生まれなのでまだまだ若いですね。

特にボーカルの牛丸さんはオーストラリアと日本人のハーフということでもうすでにインパクトがあります。

 

yonigeというバンドは高校卒業と同時になんとなく始めたバンドで、マクドナルドに集まってバンド名をなんとなく適当に「yonige」と決めたらしいです。

 

このゆるい感じがまた良いところです。

 

メンバーの脱退

2015年の8月にアルバム「Coming Spring」をリリースし、ツアーを開始した。

まさかのそのツアー中にドラムのかねもとが脱退。

脱退の理由も分かりませんが、これから2ピースでやっていくことを決意。

 

yonige

 

3ピースのガールズバンドはよくメンバーが脱退しているイメージがあります。やはりそれほどガールズバンドとしてやっていくのが大変なんでしょうね。

そのことはもう本人たちにしかわからない世界なので、周りがとやかく言うことではありませんね。

脱退したのはしょうがないとして、2人体制になっても続けることを決心した2人を応援することが何よりも大事なことだと思いました。

 

ドラムはサポートメンバーをいれることでこれからやっていくそうです。

 

2人体制になってから初のアルバムリリース

 

2016年7月に待望の2枚目のアルバム「かたつむりになりたい」をリリースしました。2人体制になってからは初のアルバムということで不安もあったと思いますが、いい曲ばかりでとてもよかったです。

 

 

アルバムのタイトルが「かたつむりになりたい」という名前で少しふざけているように感じますが、そういう所も独特です。

 

タワーレコードさんも絶賛

前作『Coming Spring』がロングセラー中で、このセカンド・ミニ・アルバムは〈タワレコメン〉に選ばれたりと勢いに乗る、大阪は寝屋川が拠点の女子バンド。20代前半の彼女たちが隠し持つ叫びを、オルタナからの影響が色濃いクールでささくれ立った言葉と音、奇を衒わないポップなメロディー、すっきりしたアレンジで表現していて、新世代ライオット・ガールの登場を思わせる。本作でさらに躍進すること間違いなし!
bounce (C)田山雄士

http://tower.jp/item/4266837/%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%82%80%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84

 

音楽専門家の方にも評価を頂いているyonigeですが、この記事を見ている人に伝えるためには実際に曲を聴いてもらうのが一番だと思います。

 

なので僕が選んだyonigeの代表曲をみなさんに聴いてもらいたいです。

 

代表曲

 アボカド

yonigeといったらアボカドみたいなところはあると思います。(僕の主観ですが…)

まずアボカドというタイトルからして変わってます。

サビで「君に投げつけたアボカド」という歌詞があるのですが、普通こんな歌詞誰が思いつきますか?

これはもう才能以外の考えられないです。 

 

追記

 4月16日放送の関ジャムという番組でこの曲が紹介されていました。

これを機に沢山の人に知ってもらいたいです。

 

さよならアイデンティティー

個人的に一番好きな歌です。

なんかやけに切なくなるんですよね。

牛丸さんの声が好きです。歌詞が直球なのでズンと心に刺さります。

かっこいいです。誰にも媚びていない感じがいいです。

 

センチメンタルシスター

2ndアルバムの一曲目です。

 ゴッドタンのエンディングに使われていたそうなので、ご存知の方がいるかもしれません。

yonigeは基本的に切ない曲が似合います。

歌詞に共感する人も多いと思います。

 

あのこのゆくえ

2ndアルバムの2曲目です。

この曲の中に「かたつむり」という単語がよく使われています。

今までのyonigeとは違った新たな一面を見せてくれた曲だと思います。

少しポップだけどyonigeらしさが残っていて、歌詞が深くてかっこいいです。

 

新曲出しますよーーー

さよならプリズナー

yonigeは今まで「さよなら」とつくタイトルが2つあります。

・さよならバイバイ

・さよならアイデンティティー

そして今回さよならプリズナー

さよならとつく時点で神曲決定ですが、実際に聴いてみてもやはり神曲でした。

 

歌詞もメロディも他のバンドとは違った独特な世界があるようで、一度その世界に足を踏み入れたら元に戻れません。

 

4月19日にリリースする「Neyagawa City Pop」に収録されているので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

 

 

最後に

今回は僕がとにかく好きなバンドについて語っただけの記事でしたがいかかでしょうか?

少しでも多くの人にyonigeを知って貰いたくてこの記事を書きました。

決して関係者でもなんでもないんですよ。

ただ良さを伝えたかっただけなんですけど、宣伝っぽくなってしまいました。

 

単なる1人のファンなのでそれはご了承ください。

もっと多くの人に知ってもらって、今年バズることを期待しています。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

よかったら読者登録よろしくお願いします。